厚生労働省認可 全国クリーニング生活衛生同業組合連合会組合員
高知県須崎福祉保健所届出済 2窪保第1号
問い合わせ0880-22-0129 受付時間:9時〜17時(土日祝除く)
  • 四万十川の源流水使用
  • 完全個人別洗い実現
  • 肌に優しい石けん使用
  • 電子カルテによる個人別管理
  • カートの中を見る
  • サービス一覧
  • まる洗いQ&A
  • 作業工程
  • 会社概要
  • マイページ

布団まる洗いの必要性

洗濯しない布団の中わたはこんなにも汚れています!

【布団の汚れ成分】汗の塩分、カビ、皮脂の脂肪分、細菌・雑菌、尿、フケやアカ、ダニ・ダニの死骸やフン、花粉等

汗は目に見えるものだけはなく、皮膚からも発散されています。人は一晩にコップ一杯分(約180cc)もの汗をかくと言われていますが、汗の成分や皮脂の脂肪分、フケやアカ等の汚れはふとんの中でダニや雑菌の温床となり、丸洗いをしない布団は使用年数と共にダニのえさとなる汚れが大量に蓄積されるためにアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー性疾患の原因となるダニの死骸、フンなどのアレルゲン畑となります。
フケやアカはダニの大好物!それらを取り除かなければダニはどんどん繁殖し、布団の中で増殖を続けていきます。



ダニアレルゲン除去には水洗いが最適です。

上記の【布団の汚れ成分】は水溶性の汚れですので油性の汚れを落とすドライクリーニングではきちんと除去することはできません。
また、アレルゲン物質は非常に安定性が高いのも特徴的で、水分の様に蒸発して消えて無くなる事はありません。布団全体をお湯とお水でしっかりと浸けこみ、洗い流す事でそのほとんどを除去することができるのです。
布団の表面のシミを落とす事が布団丸洗いの最大の目的ではありません。

汚れた中わたのアレルゲン畑をしっかりと除去してやることが一番重要な事なんですね。
ふとんを清潔に保つことは、健康を手に入れることにつながります。
一年に一度は定期的に洗浄して中わたの汚れとダニアレルゲンを取り除くことを推奨します。


布団丸洗いの必要性
しももとクリーニングのこだわり
カンタン!お取引の流れ
布団丸洗いの注意事項
オーガニック布団まる洗い
羽毛布団まる洗い
初めての布団クリーニング
レンタル布団付ふとんクリーニング
キャンセルポリシー メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ戻る